今話題の赤ちゃん肌になれる卵殻膜化粧品の感想や口コミ

menu

卵殻膜化粧品ランキング

卵殻膜パックの効果が凄い!やり方や注意点は?メリットもチェック!

卵を使ったスキンケアは昔から女性に人気のある美容方法。

その中でも今特に注目されているのが、卵の殻に付いている卵殻膜を使ってパックをする方法です。

 

今回はそんな卵殻膜パックの効果ややり方、メリットなどをご紹介していきます。

 

安く手軽に大きな効果をもたらしてくれる卵殻膜パックはあなたの肌をきっと変えてくれるはず!

最後までチェックしていってくださいね!

 

まず、卵殻膜って何なの?

卵殻膜は卵の殻の内側にある薄い皮。

卵殻膜は良質なタンパク質と20数種類のアミノ酸からできています。

卵がひよこへと発育するときに大きな役割を果たすほど、栄養がたっぷり詰まっているのが特徴で、人のカラダの中に存在するものと非常によく似ているため、美肌作りに大いに役立つということがわかっています。

 

卵殻膜は皮膚の再生能力に優れており、昔から傷の手当につかわれていたほど、お肌に良い作用をもたらすことは古くから広く知られていたんですよ!

 

 

卵殻膜パックってなに?効果は?

卵殻膜パック

この卵殻膜を肌に直接貼り付けることで肌の状態を改善するのが卵殻膜パックです。

 

卵殻膜パックの効果①肌を柔らかくする、ハリ弾力アップ

卵殻膜は人の肌に対しても、繊維芽細胞を刺激して、Ⅲ型のコラーゲンを再生する効果があります。

 

肌のハリを支えているのは、たんぱく質の繊維であるコラーゲンです。

コラーゲンには固く強い繊維であるⅠ型 と細く柔らかい繊維であるⅢ型の2種類があるのですが、年齢を重ねるとⅠ型が増えて皮膚が固くなってしまい、たるんだ年齢肌になってしまい、ほうれい線などの年齢悩みが増えてしまうのです。

そこで、卵殻膜の成分によってⅢ型コラーゲンが増えると、肌がふっくらして、ハリのある若々しい肌になれるのです。

 

Ⅲ型コラーゲンは卵殻膜からしか摂れない!

Ⅲ型コラーゲンは「柔軟性コラーゲン」とも呼ばれており、お肌のハリや弾力をアップさせるのにとても効果的!

25歳頃を境に減少していってしまうと言われている、Ⅲ型コラーゲンを卵殻膜パックなら直接補充することができるのです。

しかも、このコラーゲンはほかの食品や化粧品からは摂取することが難しいので、卵殻膜からしか取り入れることのできないとも言われています。

 

卵殻膜パックの効果②潤いアップ

卵殻膜パックをすると、コラーゲンに加えて、ヒアルロン酸も摂取することができるので肌がしっかり保湿され、肌の潤い感がアップします。

 

女性のお肌の悩みの中でも特に多いのが乾燥肌。

卵殻膜に含まれるコラーゲンとヒアルロン酸は保湿力が高いことで有名な成分です。

 

特に、ヒアルロン酸は、1グラムで6リットルもの水分を保つことができるほどの保水力があるとさえ言われているので、卵殻膜でパックをすることで、肌の潤いが格段に変わってきます。

 

加えて、卵殻膜に含まれるたんぱく質の構造は人間の皮膚とよく似ているという特徴もあるので、肌なじみがとてもよく、美容成分がスムーズにお肌に浸透し、早い段階で効果を実感することができますよ!

 

卵殻膜パックの効果③美白効果・シミ、そばかす対策

また、8種類のアミノ酸の中のひとつであるシスチンはでメラニン生成を抑制させる作用があるため、美白効果もあるという特徴があります。

 

お肌のターンオーバーを正常化する役割もあるため、メラニン色素が生成されてしまっても、お肌の内部の真皮層に定着するのを防いでくれるという効果もあるため、シミやそばかすにも効果的にアプローチすることができます!

 

卵殻膜パックの効果④毛穴汚れ解消

そして、何より多くの女性が惹かれるのが、卵殻膜パックの毛穴汚れ解消効果でしょう。

 

卵殻膜パックをすると、産毛や、角栓がとれてクリアな肌になることができます。

毛穴に詰まった角栓や黒い色の産毛などを取り除くことができるため、小鼻の黒いポツポツを解消することができるのです!

 

毛穴パックは効果が高いですが、肌に刺激が強い点から使用を控えている女性も多いですが、卵殻膜パックなら低刺激で肌に優しく毛穴ケアを行うことが出来ます。

鼻だけでなく、あごや眉の間などに貼ってケアをすれば黒ずみを解消することができます。

 

また、毛穴汚れが取れることで、肌のザラツキも解消することができるので化粧のノリがよくなるというのも多くの女性から支持されている理由の一つです。

 

通常の卵殻膜パックのやり方!

それでは卵殻膜パックのやり方をチェックしていきましょう。

  1. まず、肌はクレンジング・洗顔を済ませた清潔な状態で行いましょう。
  2. 生卵を割って、殻の内側を少しかわかしてから、殻に小さなヒビを入れて卵殻膜をできるだけ破らないようにはがします。
  3. そのはがした卵殻膜の卵白側(内側部分)をお肌の気になっている部分に貼ります。シワが多少よっても大丈夫です!
  4. 5~20分程度そのまま放置して置くと、卵殻膜が乾くので、これが完全に乾いたらゆっくりと肌からはがしていきます。(このとき、乾燥させすぎるとはがれなくなってしまうので注意してください。はがれなくなった場合は、水で濡らせば取れますので、気をつけてください!)
  5. パックをした後は、化粧水やクリームで十分な保水、保湿を行ってください。

 

やり方のポイントをチェック!

卵殻膜パックを実際にやる時のポイントもご紹介しておきましょう。

 

上手に剥がすのには練習が必要

まず、破らないようにはがすのがちょっと難しいので、慣れるまでは失敗してしまう人も多いとは思いますが何度か続けるうちにコツが掴めるようになるのでなるので頑張りましょう。

また卵白があまりにたくさん付いていると、肌にくっつきにくいので少し拭き取るなどしてから剥がすといいでしょう!

 

卵の殻の扱いも注意

また、あとでパックに使おう♪と思って殻をとっておく場合もあるとは思いますが、パックをするまでに卵殻膜が乾ききってしまっては意味がありませんので、その場合は卵白を大めに残しておくようにしたり、逆にパックをする際に卵を割って、その中身の卵は器に入れてラップをして冷蔵庫に入れておく・・・というような使い方をした方がいいでしょう。

 

そして、乾かす時間の目安が5分から20分とお伝えしましたが、その時の卵殻膜の乾燥具合や湿気などにも左右されますので、乾かしすぎない程度に自分でタイミングを見計らって剥がすようにしましょう。

乾かしすぎてしまっても、最悪、水でぬらせばとれますが、それではパックの効果がなくなってしまいますので、タイミングはくれぐれも気をつけるようにしましょう。

 

対シミ・そばかす用の卵殻膜パックのやり方!

シミやそばかすが特に気になっている方は、少しだけやり方を変えるとより効果的だと言われています。

 

それでは対シミ・そばかす用に特化した卵殻膜パックのやり方もチェックしていきましょう。

  1. 卵を使った後、すぐに卵殻膜を外してシミやソバカスの所に貼る。
  2. 乾燥するまで置いた後、剥がさずに水で流す。

つまり、上でご紹介した方法は、卵殻膜を少し乾かしたあとパックして、乾いたら剥がしますが、この方法は卵殻膜を乾かさずに即、肌に貼り付け、乾いたら剥がさずに水で流すという方法をとります。

 

この方法は目尻のシワ伸ばしや肌の弾力などアップにも効果的な方法です。

2つの卵殻膜パックの方法を使い分けて、効果的に肌を改善していきましょう!

 

卵殻膜パックの注意点!

卵殻膜はお伝えした通り、大きな美肌効果をもたらしてくれますが、数点注意点があります。

使用を始める前にこれらの注意点も確認しておきましょう。

 

注意点①卵アレルギーの人は使用しないこと

卵殻膜パックは、卵アレルギーのある方はできませんので注意してください!

また、卵アレルギーのない人も、化粧品で赤みが出やすい敏感肌の人などは注意が必要です。

 

そのため、初めて卵殻膜パックを行う際は、腕の内側などでパッチテストをして肌に合うかどうかを確かめてから行うようにしましょう。

生理前や生理中などお肌が敏感な時期には、かぶれてしまう可能性もあるので避けることをおすすめします!

 

注意点②使用頻度を守ること

卵殻膜パックの効果を体感すると、『もっとやって早く効果を実感したい・・・!』という気持ちもわかりますが、卵殻膜パックの使用頻度は週に1~2回程度に止めるようにしましょう。

 

自然の成分なので刺激が特に強いというわけではありませんが、毛穴に大きな効果をもたらすので毎日行うと毛穴が広がってしまったりとデメリットがある場合がありますので気をつけてくださいね!

 

注意点③菌が繁殖するので早めに使用すること!

卵は食品の中でも腐りやすいと言われています。

 

普段も生卵を食べる際は、とくに気をつけて新鮮なものを食べるようにしますよね?

これは卵は食中毒の原因となるサルモネラ菌が繁殖しやすい食材と言われているためなのです。

 

パックのときにももちろん注意が必要です。

卵殻膜パックの場合は卵の殻を乾かしている最中などにサルモネラ菌が繁殖してしまう可能性はあります。

 

体内に入れるわけではないので食中毒の心配はありませんが、口周りをケアする際などは注意が必要ですし、この菌を扱った手で食べ物を食べたりするとリスクが無いわけではありません。

 

サルモネラ菌を防ぐためには、卵を割ってから時間がある程度経過した卵の殻を使わないようにしたり、パック後はしっかりと手を洗うなどという対策はするようにしましょう。

 

注意点④手間と時間が多少かかるということを理解しておくこと

もう一つ、注意していただきたいのが、卵殻膜パックにはある程度の手間と時間がかかるということです。

 

卵殻膜パックは何と言っても卵殻膜を卵の殻から剥がすのがちょっと大変です。

私も試しにやってみましたが、なかなか卵の殻から卵殻膜を上手く取れなかったりと手間がかかってしまい、時間がある程度取られてしまうのも辛いところです。

殻にヒビを入れて剥いていくので、殻に引っ張られて破れてしまったり、破れた拍子に卵殻膜同士がくっついてしまったり。

ビリビリに破れてしまうとどちらを肌に付着させる面かわからなくなってしまったりもするのでイライラしてしまうことも・・・。

 

また、時間をおきすぎると乾燥してしまったりするので、調節が難しいというのもあります。

 

作り置きはできないので注意!

とはいえ、卵の殻を乾燥させる必要があるので、すぐにパックができるわけでもありませんし、性質上作り置きもできないので、パックをする毎に作る必要があるというのも少々厄介です。

 

卵殻膜の人気ポイント

卵殻膜の注意ポイントもお伝えしたので、ちょっと面倒臭いかな・・・と思ってしまった人もいるかもしれませんが、それでも人気があるのは、その苦労をしてでも得るメリットが大きいからです。

それでは効果以外の人気のポイントもチェックしてみましょう。

 

抜群のコストパフォーマンス

卵殻膜パックはその抜群のコストパフォーマンスも大きな人気のポイントです。

卵殻膜パックは日常的に使用する卵の捨てる部分でできる、いわばコストゼロでできるスキンケア!

 

それでいて肌に優しく、効果も抜群ということですから、できるだけ安く綺麗になりたい女性からしたら、たまらない方法ですよね!

 

薬品・アルコール不使用で低刺激!

また、卵殻膜パックは市販のケア化粧品と比べて、薬品やアルコールなどが使用入っていない点も大きなメリットと言えるでしょう。

 

口に入れることができるほど安全な食材を使用したパック方法なので、薬品などが一切含まれて居ませんので、薬品が原因で肌荒れしてしまうようなリスクがなく、これも人気のポイントと言えるでしょう!

 

卵殻膜パックの効果・やり方まとめ!

卵殻膜を肌に直接貼り付けることで肌の状態を改善する卵殻膜パック。

今回はこの効果ややり方などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

卵隔膜パックには毛穴ケア効果、美肌効果などの女性に嬉しい大きな効果が得られますが、準備が少し大変という点もあります。

 

もし、もっと手軽に卵隔膜の恩恵を受けたい・・・と思うのであれば、卵殻膜の成分が配合された市販の美容液でケアをするというのも良い手でしょう。

とはいえ、手間がかかるとはいえ、無料でできる卵殻膜パックも魅力があります。

 

スキンケアは継続できるものを選ぶことが大きな成果に繋がりますので、あなたが続けやすい方法を選んで継続してケアする様にしてくださいね!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31