今話題の赤ちゃん肌になれる卵殻膜化粧品の感想や口コミ

menu

卵殻膜化粧品ランキング

卵殻膜は食べると効果あり?アレルギーや副作用についても調べてみた

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

卵殻膜サプリや卵殻膜ドリンクなどとは別物でそもそも卵殻膜を食べることについての内容から効果があるのか、アレルギーなどの副作用はどうなのかという視点でコンテンツ作成お願いします。

 

今人気になっている卵殻膜サプリや卵殻膜ドリンク。

卵の薄皮部分である卵殻膜には、産み落とされてからヒナになるまでの栄養がぎっしりつまった箇所のため、高い美肌効果があることで大変有名ですよね!

 

そこで今、卵殻膜は直接食べることで美肌を作る高い美容効果をもたらしてくれると話題になっているようです。

そこで今回は卵殻膜を食べることによる効果や、それによるアレルギーを引き起こす可能性や副作用についてもご紹介していきたいと思います。

 

『卵殻膜を食べる』ことが美容に良いと話題に!

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

様々なスキンケア化粧水やサプリメントでその高い美肌効果から採用されている卵殻膜。

普段よく料理で利用する卵の殻についている卵殻膜は、捨てるものを再利用することができるお得な美容方法として、その卵殻膜から手作りで化粧水を作ったり、パックにしている人もいるくらい身近な存在となりました。

その流れで、今話題になっているのが、『卵殻膜を食べる』という美容法です。

 

確かに、卵殻膜にはお肌の美容に欠かせない成分がたくさん配合されています。

特に注目なのが赤ちゃんが持っている透明感あるあのプルプルお肌に含まれているⅢ型コラーゲンを増やす働きです。

これが増えることによりヒアルロン酸をも増殖させることができるので、しっかり保湿された若々しくキメ細かい肌作りができます。

それに加えて、卵殻膜にはレシチンという栄養素も含まれており、これはビタミンCと一緒にメラニンができるのを抑えてくれるため、紫外線対策として多いに役立ち、美白肌を作るのをサポートしてくれる効果もあります。

20種類ものアミノ酸が含まれており、その中でもL-システインに変わるシスチンは現状のそばかすやシミにもアプローチすることができる成分。

つまり、卵殻膜は保湿効果、美白効果、アンチエイジング効果のある最高の美容成分だということです。

これを直接摂取すれば、大きな美肌効果をもたらしてくれそうだと思いますよね♪

 

卵殻膜の食べ方はどうすればいいの?

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

そこで気になるのが、卵殻膜を一体どのようにして食べているのかという点ですよね。

卵殻膜を食べるのが良いという説の中で、一番食べやすいとされている方法が、ゆで卵と一緒に食べるというやり方です。

 

ゆで卵を作ると、時々薄皮(卵殻膜)がそのまま卵の表面に残って、殻だけ剥けることってありますよね。

あれを意識的に薄皮(卵殻膜)をつけたままの状態で殻を剥き、薄皮(卵殻膜)はついたままの状態で食べる方法を採用している人が多いようです。

 

確かに、それなら食べられないことも無い気がしますが、美味しくはなさそうですね・・・。

 

卵殻膜を食べるのは美容に逆効果?

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

卵殻膜は高級な化粧水などにも使用されている成分ですから、食べたらさぞかし大きな美容効果をもたらしてくれるのだろう・・・と思いますよね!

美容効果の高い、ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンやシスチンが入っていますので、水分量が多くしっかり保湿され、シミやくすみの無い美白肌を育てることができそう。

しかも、身体の中から直接取り入れるということですから、顔の肌だけでなく、身体全体の肌質の向上もできそうなものです。

 

しかし・・・実際のところ、話題になっていた卵殻膜をそのまま食べるという美容方はおすすめできないのが現状です!!

 

卵殻膜は食べても消化することができない?

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

なぜ、卵殻膜を食べるという美容方法がおすすめできないのかというと、実はこの卵殻膜は、性質上、人間の胃では消化されることができず、消化不良を起こしてしまう場合があると言われているからです。

 

そのため、先ほどご紹介したゆで卵を薄皮(卵殻膜)をつけたままの状態で食べる・・・というのは、まずいだけでなく、美容に特に良い効果をもたらすということも無いということに・・・。

むしろ、体調を崩したり、胃にトラブルを起こす要因にもなってしまいますので、この方法は実践しないようにしてください!

 

なぜ、卵殻膜が消化されないのかというと、膜自体がとても細かいメッシュのような構造になっており、丈夫な作りになっているからです。

これにより、親鳥から産み落とされた卵は、ヒナ鳥が命を育む間、しっかりと守り、栄養を与え続けることができるわけなのですが、その丈夫さは、様々なものを消化できる人の消化器官でも消化・吸収できないほどと言われています・・・。

あのお肉やお魚でさえも消化できる人間の消化器官でも分解することができないのですから、本当に丈夫なんです。油などでも分解できないほどなんだそうですよ!

 

このように、消化も吸収もできない成分は、排出することも困難になりがちです。

するとお腹の中に止まってしまうので、体調不良やお腹の痛みに繋がったりしてしまうのです。

美肌のために摂取したもののせいで、体のリズムが崩れ、体調だけでなく、美容にも悪影響を与えてしまうというわけですね・・・!

栄養がたくさん含まれている卵殻膜ですが、それを消化・分解・吸収ができないのであれば、良い効果を得ることもできないので、何も良いことがないということです。

 

卵殻膜を食べることによるアレルギーは大丈夫?

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

また、卵殻膜を食べることによるリスクはそのほかにもあります。

特に気をつけて欲しいのは卵アレルギーのある方です。

卵アレルギーは卵の白身の部分に含まれている成分が要因となっているので、卵殻膜は関係ないという説もあるのですが、実際のところ、卵殻膜と卵白は密接した状態にあるものなので、卵殻膜に卵白がついてしまうリスクは拭きれません。

そういった点から考えても、重度軽度関わらず、卵アレルギーのある方は使用を控えることが懸命でしょう。

 

これは、卵殻膜を直接食べるという美容方法だけでなく、手作りの卵殻膜パックや化粧水ももちろんそうですし、言ってしまうと、市販の卵殻膜ドリンク、サプリメント、化粧水もリスクが無いとは言い切れません。

市販のものも、事前にパッチテストや、かかりつけのお医者様に相談するなどしてから本格使用するかどうかを判断するようにしましょう。

 

卵殻膜を食べることによる副作用は?

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

そして、卵殻膜を食べることによる副作用は、なんといっても消化不良です。

一言に消化不良といっても、現れる症状は様々です。

 

胃が消化不良の状態になると、上腹部のあたりに不快感が生まれます。

お腹にガスが溜まっていると感じるような違和感や膨満感、時には焼け付くような痛みのような症状が起こることも。

これは

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 便秘
  • 下痢
  • げっぷ
  • 胃のムカつき

などを引き起こすことも。

美容のために卵殻膜を取り続けると、消化されず、分解されず、排出されにくい性質の卵殻膜は胃に止まり、どんどん蓄積されていってしまいます。

 

そして、これらの症状は続ければ続けるほどにより悪化していきます。

卵殻膜により食欲不振を起こってしまうと、身体が栄養を摂取する機会を損ねてしまって健康にも大きな影響を与えてしまいますし、嘔吐や下痢や便秘により身体のリズムを壊れることで肌トラブルは増え、不健康な見た目になってしまい、美容にも多大なる悪影響を与えます。

 

卵殻膜はサプリやドリンク、化粧品がおすすめ

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

ここまでお伝えした通り、卵の殻から取り除いた卵殻膜をそのまま摂取することは消化不良を起こして、様々なトラブルを招いてしまうので、むしろ健康と美容に逆効果を与えてしまう恐れもあるので、全くおすすめできません。

しかし、産み落とされた卵が親鳥から栄養を与えられなくともヒナ鳥の身体や羽毛を作り、命を育むための栄養があの卵殻膜にはぎっしりと含まれている卵殻膜は、美容効果が非常に大きいことには変わりありませんので、是非摂取していただきたいところです。

 

そのため、卵殻膜の効果を存分に摂取したいのであれば、サプリメントやドリンクなど安全に配慮されて作られたものを口にする方がやはりおすすめです!

当初、卵殻膜は素晴らしい美容効果を持つ反面、水や油にも溶けにくいという性質がありますので、取り扱いは難しく、商品化も難しいと言われていたのですが、現代は技術の発展により、卵殻膜の成分を特殊な技術で加工し、きちんと体内に成分が効果的に取り込めるような製法が確立しています。

 

また、卵殻膜アイテムは人気が高まっているため、値段も手頃な価格のものが増えていますので、是非、安全に配慮されたアイテムでデイリーケアをおこなうようにしてくださいね!

>> 卵殻膜化粧品ならオージオ

 

卵殻膜を食べることの効果・アレルギーや副作用まとめ

卵殻膜,食べる,アレルギー,副作用

今回は、卵殻膜を食べるというアプローチによる美容方法の効果やアレルギー、副作用の危険性についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

卵殻膜を普段捨ててしまう卵の殻から取り出し、直接身体に取り入れることで、安価で手軽に美肌を手に入れることができるのではないか?という噂が流れて、実際に実践している人もいるようですが、結果的にいうと、卵殻膜を食べるという美容方法はおすすめできないということがわかりましたね。

卵殻膜を私たちの胃は消化吸収できないので、栄養を吸収することができず、消化不良で体調を崩したり、美容を損なう恐れがあるということ。

また、卵アレルギーの方はアレルギー症状が現れる可能性も高いので控えた方が良いということが判明しました。

 

そのため、卵殻膜の素晴らしい美肌成分を摂取するためには、サプリメントやドリンクなどの繰り返しテストを行い、安全に配慮されて作られたものを身体の内部から取り入れるか、ケア化粧品などで、外側からアプローチするようにしましょう。

卵殻膜自体は、非常に美肌に効果がありますので、是非この機会に試してみてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31